リプロスキンの使い方を学んで効果的なニキビケア

リプロスキンの使い方!効果的な手順も慣れれば簡単!

リプロスキンの使い方を紹介

 

リプロスキンの使い方を解説していきます。

 

リプロスキンは毎朝の洗顔後やその後メイクをする前や、反対にお風呂上りにメイクをきっちり落とした後など、
お肌に浸透させる準備を整えてから使用する使い方が効果的です。

 

ここでは、リプロスキンの使い方の基本を確認して頂けたらと思います。簡単ですのでぜひ下まで見てみて下さい。

 

リプロスキンの使い方手順の紹介

 

リプロスキンで効果を実感して頂くために、一連の使い方の手順をまとめてみました。難しい部分はありませんので安心してください。

 

手を綺麗に洗う

肌を触る手を洗う

 

まず、リプロスキンを使う前に手を洗いましょう。
洗顔後やお風呂上りといえども、リプロスキンを手に取るまでに様々な物に触っているはずです。

 

手は、雑菌の宝庫ですので、念を押して再度洗っておくことがベストです。

 

リプロスキンを手に取って温める

リプロスキンを手に取る

 

では最初に、リプロスキンを3〜4滴ほど手にとり、お肌の温度に近いところまで両手で温めます

 

特に冬場では、保存場所によってリプロスキンが冷えきった状態になると、お肌に付けた時にそれが刺激となります。

 

そして、急にお肌の温度を下げる事になり、血行も悪くなることが考えられますので、まずは少しだけ時間をとって温めてあげることが重要です。

 

この使い方のひと手間でリプロスキンの浸透力は大きく変わります。

 

ハンドプレスでお肌に馴染ませる

リプロスキンをハンドプレスで浸透

 

続いて、リプロスキンのとった両手で顔全体をハンドプレスして馴染ませていきます。

 

リプロスキンの1回の適量は7〜10滴ですが、効果的な使い方は一度にではなく、2〜3回に分けてお肌に重ねてあげることがポイントです。

 

あなたが特に気になるお肌の箇所には、重点的に馴染ませてあげましょう。

 

決して使い過ぎず、少量を完全にお肌へ馴染ませる、馴染ませ切ることが使い方のポイントです。
浸透させる分だけを手にとって温めて馴染ませるイメージです。

 

使い方の補足

※両手に多く取り過ぎてしまったり、リプロスキンを一気にお肌へハンドプレスすると何割かは浸透されず流れてしまうおそれがあります。

 

※使用している最中に手が冷えてきた場合には、洗面のお湯に手を浸しながら行うなどして必ず手を温めてから使いましょう。
冷え性の方は、特にその点を注意が必要です。難しい場合は、家族やパートナーの方にお願いすることも方法の1つです。

 

トップページでは「リプロスキン」の詳細情報をさらに掲載しています。
購入する前に、リプロスキンの効果を確認したい方、口コミや体験談を見てみたい方など、ぜひチェックしてみてください!

 

リプロスキンのニキビへの効果


▲TOP