ニキビ跡の洗顔方法や洗顔料の選び方

ニキビ跡の改善には洗顔が重要!

気になるニキビ跡

 

ニキビ跡と洗顔は切っても切れない関係です。
気になるニキビがやっと治ったはいいけど、今度はニキビ跡が残ってる…と気にしている人も多いはず。

 

そんな気になるニキビ跡は、正しい洗顔方法を心がけることで改善が期待できます。
それでは、ニキビ跡を改善させる正しい洗顔方法のポイントと言うのは一体どのようなものなのでしょうか?

 

洗顔料選びのコツは?

洗顔料の選び方を紹介

 

正しい洗顔をするためには、適切な洗顔料を選ぶことがまずは大事です。
ニキビ跡がある人の洗顔料選びのコツとしては、まずは「洗浄力のマイルドなものを選ぶ」ということ。
汚れを綺麗に落としたほうが良さそう…と、洗浄力の強すぎるものを選んでしまいがちですが、洗浄力の強すぎる洗顔料は、お肌が本来持つ皮脂や保湿成分までも洗い流してしまいます。
その結果、お肌のバリア機能が低下してしまって乾燥を招き、過角化(角質が厚くなって毛毛穴が塞がりやすくなる)を引き起こしてニキビ跡を悪化させてしまいます。
また、お肌にダメージを与えずに洗うために重要なのが泡。

 

洗顔料は石鹸でもフォームでも良いのですが、しっかりとしたきめ細かい泡が出来るかどうかに重点を置いて選びたいところです。
きめ細かい泡が出来れば、毛穴の汚れをしっかり落とすことができ、新しいニキビが出来るのを防ぐ効果も期待できます。

 

ニキビ跡の正しい洗顔方法

 

しっかりと泡を立てる

洗顔はしっかりと泡立てる

 

前述の通り、お肌を優しく洗うために重要なのは、洗顔料の泡です。
洗顔の際には、時間をかけて少しずつ水を足しながらしっかりと泡を立て、その泡で洗うようにしましょう。
もし泡を立てるのが難しい場合は、市販の泡立てネットなどを使うと良いでしょう。
泡立てずにゴシゴシと洗ってしまうのは最もNGです!とにかくニキビ跡のあるお肌には「刺激を与えない、優しく洗う」ことを心がけましょう。

 

洗いすぎない

洗いすぎはNG

 

ニキビ跡が気になると、ついつい1日に何度も洗いたくなってしまうもの。
でも、洗いすぎもまたは肌のバリア機能を奪ってしまうために逆効果になってしまいます。
ニキビ跡の改善のためには、毛穴の汚れはきちんと落としつつお肌に必要な皮脂は落とさない、というのが鉄則です。
顔を洗うのは1日2回までにしましょう。

 

[おすすめ関連記事]
>>ニキビは洗いすぎでできる?肌の皮脂が…

 

蒸しタオルを使う

蒸しタオルで温める

 

時間がある時に是非実施してほしいのが、蒸しタオルを使うということ。
蒸しタオルを使うことで血行が良くなり、お肌のターンオーバーが促進されてニキビ跡の改善が見込めます。
また、洗顔前に蒸しタオルを使うことで毛穴がしっかり開くため、毛穴の奥の汚れが落としやすくなりますよ。
蒸しタオルは、水に濡らしたタオルを絞ってグルグルと丸めてレンジでチンするだけで完成です。やけどには十分気をつけましょう。

 

ニキビ跡の洗顔や選び方まとめ

ニキビ跡改善には正しい洗顔

 

この記事では、ニキビ跡を改善させるための正しい洗顔方法についてまとめました。
正しい洗顔を心がけることで、お肌のターンオーバーが促されてニキビ跡の改善が見込めます。
今までのやり方は間違っていたかも…と言う心当たりがある方は、是非今日からでも正しい方法を試してみて下さいね!

 

トップページでは人気のニキビケア化粧水「リプロスキン」を紹介しています。
モニターさんや愛用者の体験談などからリプロスキンの効果をチェックできます。
リプロスキンを知らない方、効果が気になる方はぜひ確認してみて下さい。

 

リプロスキン効果と最安値の購入はこちらトップページへ


▲TOP