ニキビ跡の原因と種類別の改善方法

ニキビ跡の原因って?なぜできてしまう…

気になるニキビ跡

 

ニキビはそれ自体も困った存在ですが、綺麗に治らずにニキビ跡が出来てしまうのはもっと困りものですよね。
ニキビ跡がなかなか消えないと、常に気になりますしメイクでも消せなかったりして、毎日が憂鬱になってしまいます。
そこでここでは、ニキビ跡の原因、そして効果的なニキビ跡の改善方法についてご紹介します!

 

ニキビ跡の原因は種類によって違う?

ニキビ跡の原因を紹介

 

ニキビ跡と一口に言っても実は症状によって種類があります。
そしてそれぞれ原因が違いますから、当然ケア方法や改善方法などのアプローチも異なってきます。
ここでは、ニキビ跡の原因を種類別にご紹介していきます。

 

ニキビ跡の原因を種類別に解説

 

原因@「赤いニキビ跡」の場合

炎症が収まった後も、赤くニキビ跡が残ることがあります。
これは炎症が起こった部分の組織を修復しようと毛細血管が作られることが原因です。毛細血管が集まることで皮膚の表面から血液の色素が透けて見えてしまっているのですね。
お肌が自ら修復しようとしている証拠とも言えますから、時間の経過とともに改善するケースが多いですが、ケアの方法を間違えると色素沈着につながるケースもありますから要注意です。

 

原因A「色素沈着」の場合

シミのように茶色く色素沈着したニキビ跡は、メラニン色素によるものです。
メラニンと言うとシミの原因であり美肌の大敵と言うイメージもありますが、実は紫外線などの刺激からお肌を守るというとても重要な役割があります。
そしてその刺激というのはニキビによる炎症も含みます。炎症からお肌を守るためにメラニンが大量に発生され、それがうまく排出されずにシミのように茶色く残ってしまうのです。

 

原因B「クレーター」の場合

クレーターのように凸凹になってしまったニキビ跡は、ニキビによる炎症が表皮だけでなく真皮にまで及んだことが原因です。
真皮と言うのは表皮のさらに下にあり、炎症のダメージが真皮まで及ぶと異常なコラーゲンが大量に作られるようになり、その結果毛穴の部分が凹んだようなクレーター状の跡が出来てしまうのです。

 

ニキビ跡の種類別改善方法は?

 

改善方法@「赤いニキビ跡」

 

赤くなっている跡は、そのままでもゆっくりと改善されることも多いですが、放置していると色素沈着してしまう場合もありますからきちんとケアしていきたいもの。
ターンオーバーのサイクルを整えるためには、何よりもきちんと保湿すること。
特にビタミンC誘導体・レチノール(ビタミンA)などの成分が入った化粧水がおすすめです。
そしてスキンケアだけでなく、規則正しい生活をしたり睡眠をしっかりとる、ストレスを溜めないことなども重要ですよ。

 

改善方法A「色素沈着」

 

シミのように茶色く色素沈着をしてしまっている場合は、悪化しないように紫外線ケアをすることが重要です。
普段から毎日日焼け止めをしっかり塗る、外出時は日傘をさしたり帽子をかぶるなど紫外線を浴びないように気をつけましょう。
そして、化粧水はビタミンC誘導体やプラセンタなどの還元作用のある成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。

 

改善方法B「クレーター」

 

クレーター状になってしまっている場合、セルフケアで治すのはかなり難しいです。
一般的には、皮膚科で治療を受けるか美容クリニックなどでレーザーやケミカルピーリングなどの治療を受けるのがおすすめです。
クレーターの形や種類によっても適した治療が異なってきますので、信頼できるクリニックを選び、しっかりと納得のいく説明を受けてから治療してもらうようにしましょう。

 

ニキビ跡の原因と種類別の改善方法まとめ

 

ニキビ跡を改善して綺麗な肌

 

ニキビ跡が出来てしまう原因と、効果的な改善方法についてご紹介しました。
自分のニキビ跡の種類をしっかり把握し、それに合わせた改善方法を実践するようにしましょう!

 

トップページでは人気のニキビケア化粧水「リプロスキン」を紹介しています。
モニターさんや愛用者の体験談などからリプロスキンの効果をチェックできます。
リプロスキンを知らない方、気になる方はぜひ確認してみて下さい。

 

リプロスキン効果 | 最安値の購入方法トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▲TOP