ニキビ跡と食べ物や栄養素について

ニキビ跡と食べ物・食生活の関係

ニキビ跡や肌トラブル

 

お肌を改善するにはスキンケアも大事ですが、食生活に気を遣うことで体の内側からケアするということも忘れてはいけませんよね。
肌トラブルの一つであるニキビ跡も、なかなか治らない…という人は普段の食べ物に問題があるという可能性もあります。

 

ここでは、ニキビ跡に良い食べ物にはどんなものがあるのか、そして逆にニキビ跡に悪い「NG食べ物」にはどんなものがあるのかをご紹介していきますね。

 

ニキビ跡に良い食べ物は?

 

食べ物を栄養素別に紹介

 

ニキビ跡に良い食べ物を、栄養素別にまとめてみました。

 

ビタミンC

ビタミンCには、シミや炎症後の色素沈着などを薄くするという「還元作用」が期待できます。
また、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進する作用によってもニキビ跡の改善に効果が見込めます。
その他、肌のハリのもとになるコラーゲンの生成をサポートするなど、まさに美肌には欠かせない栄養素だと言えますね。
ビタミンCと言えばレモンやキウイなどの果物に多く含まれているイメージですが、ピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれているので、毎日これらの野菜を積極的に食べるようにしたいものです。

 

ビタミンE

「若返りのビタミン」とも呼ばれ、強い抗酸化作用を持つことで知られるビタミンE。
もともとニキビというのは、毛穴に詰まった皮脂が酸化してしまうことが原因。ですから、ビタミンEの抗酸化作用で新しいニキビが出来るのを防ぐ効果が期待できますね。
また、血行を促すことでターンオーバーを促進する効果も見込めます。
ビタミンEは、アボカドやうなぎ、モロヘイヤなどの食べ物に多く含まれています。

 

ビタミンB2・B6

ビタミンB群の中でもビタミンB2は脂質の代謝に深く関わっており、ニキビの原因になる過剰な皮膚の分泌を抑える効果が見込めます。
また、ビタミンB6は肌のターンオーバーのサイクルに関わっているタンパク質の合成に深い関りのある栄養素ですから、こちらも不足することが無いように心がけたいもの。
ビタミンB2はレバーや納豆・卵などに、ビタミンB6はマグロやサンマ、レバー、バナナなどに多く含まれます。

 

ビタミンA

ビタミンAはには角質層に存在する天然の保湿因子(NMF)の生成を促進したり、肌のターンオーバーのサイクルを整える作用があるとされています。
ビタミンAを多く含む食べ物としては、にんじんやかぼちゃ、レバーなどが挙げられます。

 

ニキビ跡に悪い食べ物は?

 

逆に、ニキビ跡やニキビを悪化させてしまう恐れのある「NG食べ物」にはどんなものがあるのでしょうか?

 

悪い食べ物@「脂っこい物」

 

スナック菓子に注意

 

そもそもニキビが出来る原因というのは、毛穴に皮脂が詰まってしまうことで常在菌であるアクネ菌が繁殖してしまうことによるもの。
アクネ菌は全ての人の肌に存在する菌で本来はお肌を守る働きがありますが、皮脂を好むという性質がありますので、何らかの理由で皮脂の分泌が過剰になってしまうと、毛穴に住み付いたアクネ菌が皮脂をエサに繁殖してしまってニキビを引き起こすのです。
そして、脂っこい食べ物というのも皮脂の分泌を増やしてしまう原因の一つ。
揚げ物やスナック菓子の食べ過ぎには要注意です。

 

悪い食べ物A「甘いもの」

 

ケーキ等の甘い食べ物

 

チョコレートなどの甘いものを食べ過ぎると、糖質の代謝に関わるビタミンB群が消費されてしまい、結果的に肌荒れやニキビの原因になってしまいます。
お菓子だけでなく、ジュースやスポーツドリンクなどにも糖分は多く含まれていますので、飲み物の糖分にも気を付けるようにして下さい。

 

悪い食べ物B「辛い物(刺激物)」

 

唐辛子等の刺激物

 

辛い物などの刺激物を食べ過ぎると胃腸が荒れてしまい、消化・吸収の機能が低下して、ターンオーバーのサイクルが滞るリスクを高めてしまいます。
ダイエットに良いからと唐辛子やキムチなどを食べ過ぎると、ニキビ跡の治りを遅くしてしまいますので、こういった刺激物は控えめにしましょう。

 

ニキビ跡を良い食べ物&悪い食べ物のまとめ

 

ニキビ跡改善に食べ物の見直し

 

ニキビ跡を改善する食べ物にはどんなものがあるのか、そして逆にニキビ跡に良くない「NG食べ物」にはどんなものがあるのかをご紹介しました。
毎日の食生活を見直すことで、ニキビ跡の改善を目指していきましょう!

 

トップページでは人気のニキビケア化粧水「リプロスキン」を紹介しています。
モニターさんや愛用者の体験談などからリプロスキンの効果をチェックできます。
リプロスキンを知らない方、気になる方はぜひ確認してみて下さい。

 

リプロスキン効果と最安値の購入情報トップページへ


▲TOP