アクネ菌とは?ニキビ肌への悪影響や特徴

アクネ菌とはニキビ原因の1つ

ニキビの原因アクネ菌を解説

 

アクネ菌とは?」と言うと、なんとなくニキビの原因になると言うことは知られていますよね。
でも、アクネ菌がどのようにしてニキビを引き起こすのか、そもそもアクネ菌って何?と言われるとよくわからないものです。
そこでこの記事では、ニキビの原因とされているアクネ菌というのは一体何なのか、どんな特徴があるのかについてまとめてみました。

 

アクネ菌とは?どんな菌なの?

 

アクネ菌

 

正式名称を「プロピオバクテリウム・アクネス」と言い、健康な人の体に普段から存在している「常在菌」の一種です。
また、ニキビの原因になる…と悪者のように思われていますが、皮膚を弱酸性に保ってくれる表皮ブドウ球菌と同じように、お肌を守る役割を持つ大事な菌だと言えます。
つまり、本来はニキビの出来やすさに関係なく全ての人のお肌に存在する菌で、お肌を弱酸性に保ってバリア機能を維持してくれるという大切な役割があるのです。

 

アクネ菌がニキビの原因になるのはどうして?

 

アクネ菌でニキビが発生

 

アクネ菌が持つ性質に、「皮脂を好んで空気を嫌う」というものがあります。
つまり、皮脂や汚れが詰まった状態の、空気に触れにくい毛穴などのような場所に好んで住み着くのです。
そして脂っこい食事や甘いものを摂りすぎたり、ストレスが溜まったりすると皮脂が過剰に分泌されることで毛穴のアクネ菌が増殖してしまい、炎症のもとになる成分を作ってニキビを生み出してしまうのです。

 

ちなみにストレスが皮脂の過剰分泌につながるのは、ストレスを感じることで皮脂の分泌を過剰にする男性ホルモンが分泌されやすくなるから。
そして特に男性ホルモンの影響を受けやすいのは顎辺りのUゾーンと口の周り。ですから、ストレスによるニキビというのはこの周辺にニキビが出来ることが多いのですね。
アクネ菌の増殖を抑えるには、きちんと洗顔をして毛穴の汚れや余分な皮脂を洗い流すことが最も大事になります。
そして、脂っこいものを食べ過ぎるのを控え、ストレスを溜めないように心がけることや規則正しい生活・十分な睡眠をとることなどを心がけましょう。

 

アクネ菌には悪玉と善玉がある?

 

善玉アクネ菌を増やすコスメ

 

実は、アクネ菌には善玉と悪玉が存在するということが近年の研究でわかってきています。
アメリカのワシントン大学の研究によると、なんとアクネ菌は少なくとも66種類も存在するということが発見されています。
そして、善玉はお肌の健康に役立つ一方、悪玉はニキビを引き起こすと推測されています。
つまり、ニキビができにくい人のお肌に多く存在しているのは善玉、ニキビの出来やすい人のお肌に多く存在しているのが悪玉だと言うことですね。
現段階では善玉を増やす方法や悪玉を減らす方法などはまだ研究段階ですが、今後は善玉アクネ菌を増やすスキンケアコスメなどが開発されるかもしれませんね。

 

アクネ菌とは?解説のまとめ

 

綺麗な肌

 

この記事では、ニキビの原因とされているアクネ菌というのは一体何なのか、どんな特徴があるのかについてまとめてみました。
ニキビが出来やすい人は、普段から脂っこいものを食べない、上手にストレス解消をするなどの心がけが大事だと言えますね。

 

トップページでは人気のニキビケア化粧水「リプロスキン」を紹介しています。
モニターさんや愛用者の体験談などからリプロスキンの効果をチェックできます。
リプロスキンを知らない方、効果が気になる方はぜひ確認してみて下さい。

 

リプロスキン効果 | 最安値の購入トップページへ


▲TOP