Vラインニキビの原因と早く治す方法

Vラインニキビの原因は?早く治すなら脱毛?薬?クリーム?一番いい方法は何?

Vラインニキビの悩み

 

長年、Vラインニキビに悩まされているという人が多いですね。
特に蒸れやすい夏に多いですが、原因は様々なので季節とわずといったところ。
場所が場所だけに皮膚科に行っていいのか産婦人科なのか迷うのではないでしょうか。

 

また、パートナーと一緒にお泊まりする時などには、どう思われるかと考えるとつらいですよね…。
特に生理中はひどく、ナプキンで蒸れてベトベトになり本当に最悪な気分に。

 

誰にも相談できないしお医者さんに行く勇気もない…(汗)どうしよう…(汗)

 


そんな方は、まず「清潔に保つ」ことが重要です。
ただ、Vラインのニキビの原因を理解して、正しくケアすることが大切です。

 

Vラインのニキビの原因は?

Vラインニキビの原因と対策

 

Vラインのニキビの原因は大きく分けて「4つ」。

 

 

  1. 間違った自己処理や下着の摩擦による肌ダメージ
  2. 蒸れからくる汗や皮脂による毛穴のつまり
  3. 肌のターンオーバーの乱れによる皮脂分泌&毛穴つまり
  4. 洗いすぎによる皮脂バランスの乱れ

 

 

中でも、ターンオーバーの乱れについては、ホルモンバランスやストレスが原因になることが多いので、対策が難しいですね。

 

 

\デリケートゾーン専用/

↓モデル愛用ニキビケアクリーム↓

↓詳細はこちらをタップ↓

ハーバルラビット

 

 

Vラインは洗うだけじゃダメなの?

Vラインニキビを清潔に洗浄

 

「ニキビ対策は、肌を洗って清潔に保つ」
Vラインに限らず、頬、顎(あご)、背中など、すべてのニキビケアにこれは共通。
ただ、洗ってるのに乾燥で肌トラブルに悩む方、結構多いです。

 

「洗浄後にしっかり保湿して、潤いを維持できてますか?」

 

ここまでのアフターケアができて、やっとVラインのニキビ対策の効果が期待できるんです。

 

Vラインは汚れがたまりやすく、しっかり洗うのも難しい所です。
それに、思春期以降は親からも洗い方も教えてもらえない場所になります。

 

Vラインニキビは「潤いを保ちながらしっかり綺麗」が改善&予防には本当に大事です。
かといって、Vラインなどデリケートゾーンの皮膚は薄いので、あれこれケアし過ぎるのも時には逆効果。

 

色々考えながらケアするのが面倒な方は、デリケートゾーン用のニキビケアクリームがおすすめです。
難しい手間なく、Vライン、Iラインなどの気になるニキビに塗るだけお手入れできます。
ぜひチェックしてみて下さい。

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

 

Vライン、脱毛してニキビケアするって実際どうなの?

 

Vライン脱毛

 

少し勇気がいりますが、「思い切ってVラインのアンダーヘアを脱毛する方法も1つ」、と言われることがあります。
実際どうなんでしょう?

 

蒸れを予防できる、日々のお手入れがしやすい、など、メリットも確かにあります。
ただ、除毛や脱毛方法を間違うと肌にダメージを与える危険があるので細心の注意が必要です。

 

カミソリでの処理は肌のダメージがひどいので、実践するなら肌をいたわる除毛クリームなどにし、なるべく肌の負担を軽減するよう注意しながらですね。
もちろんニキビを傷付けないようにです。
でも、肌はツルツルになるし結構爽快になります。

 

Vライン専用ソープなどでしっかり洗浄することも忘れずに。
とは言っても、脱毛専用サロンに行くのがベストですね。

 

あと、忘れてはならない大きなデメリットが1点。
アンダーヘアを処理しながらニキビ対策する方法は、「ニキビケア」と「除毛ケア」の2つを継続しなければ成り立ちません。

 

一度除毛&脱毛したVラインのアンダーヘアはまた生えてきますから、その都度その都度の手間が大変なのはデメリットです。

 

慣れてきた人にありがちですが、面倒だからといって手軽なカミソリ処理に変更すると、知らず知らずに乾燥、肌荒れ、炎症などの皮膚トラブルを招く場合もあります。
安易な判断で逆効果にならないよう進めなければいけません。

 

デリケートゾーンはその名の通り、扱いは慎重にです。
脱毛や除毛などを行う自己処理ニキビケアは、正しい知識がないとリスクが高いように思います。

 

色々考えた結果、デリケートゾーンには専用のニキビケアクリームに頼るのが、リスクが少なく手軽に対策できると思いました。

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの公式サイト

Vラインニキビの体験談と解決方法アンケートを紹介!

 

vラインニキビの体験談
Vラインニキビに悩む女性の体験談や解決方法などを紹介します。

 

Vラインニキビは自然治癒と化粧水[体験談@]

 

女性@

 

私は自分でVラインの処理をしていたからか、ニキビが出来てしまいました。
正直、こんなところにニキビってできるの!?とビックリしました。

 

自分で処理をしていた際、私は毛抜きで抜いていました。
それが原因で埋没毛になり、毛穴が塞がり、ニキビになってしまいました。

 

はじめは潰していたのですが、ニキビ跡が出来てしまったので、現在はニキビの薬を塗っています。
しかし、iラインに近い所は敏感な部分なので塗らずに自然治癒で治しています。

 

Vラインは薬を塗り、治りました。
また、原因が分かっているので自分で処理をするのはやめました。

 

現在では、脱毛に通っているのでニキビは出来ていません。
また、Vラインのニキビ跡は化粧水を毎日塗ったら無くなりました。

 

Vラインニキビは清潔と保湿[体験談A]

 

女性A

 

顔に出来るニキビの原因はストレスや暴飲暴食などがあげられますが、それに対してVラインにできるニキビの多くは無理なVラインの毛の処理によるものが多いらしいです。

 

しっかりと処理をしようと強くカミソリを当てすぎてしまったり、ワックスなどで無理に抜いてしまったりすることで毛穴に炎症が起こりニキビが出来てしまうことが多々…。

 

デリケートゾーンということもありできてしまった場合どう対処したらいいのか困る方も多いと思いますが、私の場合対処の仕方は簡単でした。
清潔にして保湿して炎症を抑える。
肌の対処はこれに限ります。

 

清潔なお風呂上りにコットンになるべく低刺激の炎症作用が入った化粧水を染み込ませてVラインのニキビにパックします。
これを地道に繰り返すことでだんだん落ち着いてきます。

 

あとは、締め付けのキツイ下着をつけて刺激を与えないことも大切なポイントでした。

 

Vラインニキビは跡が悩み[体験談B]

 

女性B

 

下着の当たるVラインが、何だかヒリヒリするなと思って見てみると、赤くプックリ、ニキビが出来ていることがあります。

 

いつも出来るわけではないのですが、年に数回、出来る時のタイミングを思い出すと、アンダーヘアのVラインを処理した後で、更にその後の数日以内に汗を沢山かいて蒸れたりした時が多いような気がします。

 

触れると痛いので下着を締め付けない物にしなければいけないし、場所が場所なだけに、人に相談も出来ないので、ちゃんとしたケア方法はわかりませんが、顔のニキビ用の塗り薬を使っています。

 

毎日、お風呂上がりにたっぷりめに塗っていると、腫れは一週間程でひくのですが、ニキビ跡が黒ずんでしまい、何週間も消えないのが悩みです。

 

パンティラインのニキビに絆創膏[体験談C]

 

女性C

 

パンティラインのゴム部分にニキビができることがあります。
椅子に座ると当たる部分になりますのでゴムの部分が当たるととても痛く、仕事に集中できないことが多々あります。

 

気になるのでたまに潰そうと思うのですが、潰しきれなくて少し刺激を与えてしまうと余計に炎症を起こしてしまって痛みが悪化してしまうのでとても厄介なニキビです。

 

時間が経って潰すと膿が出てきますので、膿を出し切れば痛みはおさまるのですが治るまで痛いのがパンティラインのニキビの特徴だと思います。

 

絆創膏を貼ることで、パンティのゴムがニキビに当たるのを防ぐことができました。
あとはお風呂にゆっくり入ることでニキビがふやけて膿が出やすくなりますので、お尻にニキビができたらいつもお風呂にゆっくり入っています。

 

膿が出てきたら消毒して絆創膏を貼って治療は完了です。
ニキビは潰すと増えると言われていますが、やはり膿が溜まってきますので痛みを抑えるには膿を出してしまったほうが良いという結論に達しました。

 

特にニキビが増えるといったこともありませんので大丈夫だと思います。
小さいニキビでしたら膿を出さなくても治っていることがありますので、痛みが無いお尻のニキビでしたら放置していて大丈夫だと思います。

 

ニキビが治るまで処理が出来ず…[体験談D]

 

女性D

 

かなり恥ずかしいVラインに、まさかのニキビが出来てしまったことは一度や二度ではありません。
初めてVラインにニキビが出来てしまった時はショックでした。

 

ですが日にちがたてば自然と治るであろうと過し案の定、数日して治りました。
ですが、また忘れた頃にVラインにニキビが出来てしまったのです。

 

段々、回数が増えるたんび間隔は、かなり空いていますがニキビが出来てしまった原因が分かってきたような気がしました。
それは毎回、入浴の時にしているVラインの毛の処理です。
時々マメに毛抜きを使って処理することもありますが基本的にカミソリを使ってVラインの処理をしています。

 

きっと、そのカミソリで処理している内に傷ついてニキビになってしまったのだと思います。
自然に治るまで待ったりもしましたが、やはりニキビになってしまう前の処置をしておくことが大事だと思いカミソリで処理をした日には入浴後、化粧水などを塗っています。

 

そうすることによって傷ついた皮膚を守ってくれるので前よりはニキビが出来なくなりました。

 

 

Vラインニキビの原因・ケア方法のまとめ

Vラインニキビケアのポイント

 

Vラインのニキビは本当にデリケート。
くれぐれも安易な知識で自己処理してしまうと、傷やニキビ跡になる可能性もあります。
早く治したいからといって焦ったりせず、慎重にケアするのがポイントですね。

 

 

↓モデル愛用ニキビケアクリーム↓

↓60日間返金保証↓

↓詳細はこちらをタップ↓

ハーバルラビット

 

 

トップページにはリプロスキンを紹介しています。
リプロスキンがどのような種類のニキビ痕に効果を実感しやすいのか。
導入型柔軟化粧水「リプロスキン」の詳細をトップページにて情報満載で紹介しています。

 

リプロスキンがニキビ痕に効果


▲TOP