リプロスキンと併用の基本は商品より外的内的な基礎が大事

リプロスキンと併用は何も商品じゃなくてもいい?

リプロスキンの併用は可能な範囲

 

リプロスキンと併用する商品によっては、相乗効果が高まりニキビの早期改善が期待できます。
リプロスキンは肌を健康に保つ化粧水という特徴が強いので、他のニキビケアの効果を高めるブースターの役割があるからです。

 

リプロスキンと併用する商品といっても、

  • 「どんな商品と併用すればいいかわからない…」
  • 「経済的にリプロスキンで精一杯…」

など、ニキビを早く治したい反面、主にお金の負担面で併用を断念する方が多いようです。

 

リプロスキンと併用でお金の負担が少ない方法とは?

 

リプロスキンとの併用を考える際、何も商品に限定しなくてもいいと思います。

 

  • 「睡眠を改善して、リプロスキンも使う」
  • 「野菜やフルーツをできるだけ摂取して、洗顔方法や洗顔料も改善する」

 

という考え方が、安価にリプロスキンと併用し、正しいニキビケアを進めるコツです。

 

何もあれこれ商品を揃える必要はありません。

 

外的と内的な基礎が整うことが重要

リプロスキンで、肌そのものを健康的に保つことで、外的な基礎は整います。

 

ですが、睡眠不足や乱れた食生活、間違った洗顔、ストレスなどの習慣があると、体内の中は正常ではありません。
内的な基礎は整っていないのです。

 

正しいニキビケアは、この外的な基礎と内的な基礎の両方の併用が整うこと
そうすれば効果の実感も早いです。
初期の白ニキビなら、リプロスキンなどのニキビケア化粧品は使わず、内的な基礎を整えた効果で改善する方もたくさんいます。

 

補足ですが、

  • 「夜更かししていて、埋め合わせにリプロスキンを使っている」
  • 「野菜やフルーツは食べるけど、洗顔後なにも対策してない」

など、外的&内的のどちらかが伴っていない、また、マイナスをゼロに戻すようなニキビケアの方法では効果をなかなか感じることはできません

 

ニキビケアは複数の「方法」の併用が効果的

 

複数の商品ではなく主に「複数の方法」です。
ニキビケアは、リプロスキンだけなど、何か1つの方法に頼るのではなく、幾つかの方法を掛け合わせることで、効果はグンと上がります。

 

多数ある原因へ多角的にアプローチでき、大きな改善効果が期待できます。

 

日常生活では、肌に良いことへ敏感になって、ニキビケアを実践することも大切です。

 

あまり沢山の方法の併用は逆効果?複数の方法の併用といっても、「あれもこれも」とあまりに多くの方法と併用すると、継続がままならなくなります。
結果、それ自体がストレスになりニキビの原因になれば本末転倒です。

 

私の場合リプロスキンを軸にして、効果の高い睡眠方法と毎朝のグリーンスムージーを実践しています。

 

私はリプロスキンが自分のお肌に合っているとわかっているので、リプロスキンをケアの軸にし、次に合う対策を1つ1つ検証しました。

 

検証している内は、リプロスキンがお肌を健康に保ってくれてるので、他の対策の効果を落ち着いて見れる訳です。

 

軸となるケア化粧品をころころ変えると、お肌に対し見えない負担を与える場合もあります。
また、お肌に合わず、肌トラブルに発展したとき、頼る化粧品がなくなり、大きなリスクです。

 

あなたのできる範囲、無理のない範囲で少しずつ実践していくことも重要です。

 

例えば、

  • 「リプロスキン+食生活の改善」
  • 「リプロスキン+睡眠不足の改善」

などを1つずつ。

 

ニキビ対策の併用のポイントとまとめ1つポイントをあげると、
掛け合わせる方法が
「化粧品などの外的な対策」+「体質改善などの内的な対策」であることです。

 

「リプロスキン+クリーム+乳液」の外的な対策だけ、「食生活の見直し+睡眠不足の改善+ストレス解消」の内的な対策だけなど、いづれか一方のニキビ対策に偏り過ぎるのではなく、外的&内的対策のバランスも考えて実践すると、より効果が期待できます。

 

初期の白ニキビの場合は、どちらか一方に偏ってもいいと思いますが、優先順位は「内的対策」です。

 

\お得な詳細はこちら/

リピーター満足度96.1%

↓ボタンをクリック&タップ↓

 

トップページでは「リプロスキン」の詳細情報を掲載しています。
購入する前に、リプロスキンの効果や「60日間」長期返金保証付の内容を確認したい方、ぜひチェックしてみてください!

 

リプロスキンで本格ニキビケア

 

ニキビを早期改善したいと、国外の難治性のニキビ治療薬を併用する方もいると聞いたことがあります。
ネットや個人輸入などの方法によって手に入れるそうですが、副作用については国として未承認のものがあります。
医師の処方に依らず、様々な商品や治療薬を試している方は特に注意です。
厚生労働省が注意喚起を行っている場合もあり、正しい情報の理解が必要です。
例として、米国等で使われている難治性ニキビ治療薬の「アキュテイン」が挙げられます。


▲TOP